お米は太りにくい!~お米の成分について~

『お米は太りにくい』ということで、

今日はお米の成分について少しお話しします。

 

ところで、「太る」とは「体重が増える」こと

と考えている方はいませんか?それは間違いです。

「太る」とは「脂肪が増える」ことです。

 

人の体は主に「炭水化物」「タンパク質」「脂質」

を栄養としていますが、それぞれの役割は

「炭水化物」→糖に分解し脳や筋肉で使われる

「タンパク質」→体の組織をつくる

「脂質」→心臓や肺の臓器をうごかすために使われる

 

人にとって心臓などの臓器をうごかすために

「脂質」は非常に大切な栄養素で、

昔は今と違い「脂質」を採ることが難しかった。

そのため人の体は「脂質を貯める」ように設計されています。

 

その日に消費されなかった「脂質」は

すべて「脂肪」として体に貯めるようになっています。

ここでお米の成分を見ていただくと、

「脂質(脂肪と書いていますが)」0.9g

ものすごく少ないですよね。

この点からも『お米は太りにくい』んです。

 

ちなみにお米は『炭水化物』が多いので、

糖尿病が気になる方もいるのでは?

その点もご安心を! 

お米は糖尿病にもなりにくい『良質の炭水化物』なんです。

ポイントは『粒状』だから。

それについてはまたお話しますね。